2013年12月13日

隣のデニムは青い Vol.38

 「若者のジーンズ離れ」と言われている今だからこそジーンズの魅力を 語ろうという企画「隣のデニムは青い」。第38回目の投稿はwyさんから。 Attachmentのバナナカーブデニムの登場です。ストレート、フレア、スキニー、 キャロット、シューカットなどの投稿はありましたがバナナシルエットは初ですね。 外側に湾曲したシルエット(バナナカーブ)が色落ちにどのような影響を与えるのか。 じっくりご覧くださいませ。wyさん投稿ありがとうございました。

続きを読む
posted by dale at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 隣のデニムは青い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年12月02日

隣のデニムは青い Vol.37

 「若者のジーンズ離れ」と言われている今だからこそジーンズの魅力を 語ろうという企画「隣のデニムは青い」。第37回目の投稿は河合さんから。 「KOJIMA GENES(児島ジーンズ)」の登場です。児島ジーンズは2009年創業のブランド。 当初は卸や自社のECサイト中心に展開しており、そのコスパの高さや驚異の ヘビーオンス(23〜29)が一部で話題になっておりましたが、2011年、 渋谷に初の直営店を出すまでに成長しメジャーなブランドの1つになりました(今は原宿に移転)。

 今回登場するのは2009年購入の4年モノ。初期の児島ジーンズです。 実は私も2010年に購入しましたが、なかなか色が落ちないので次第に 穿かなくなってしまったという苦い思い出が(汗)こんなに良い色落ちを するのだなと改めて児島産の良さを思い知らされました。 今からクローゼットの中を探してみようと思います(笑) 河合さん投稿ありがとうございました。

続きを読む
posted by dale at 23:04 | Comment(111) | TrackBack(0) | 隣のデニムは青い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年11月13日

隣のデニムは青い Vol.36

 「若者のジーンズ離れ」と言われている今だからこそジーンズの魅力を語ろうという企画「隣のデニムは青い」。 久しぶりの第36回目の投稿は倉石ノミさんから。HELMUT LANGのCLASSIC RAW DENIM CLASSIC CUTの登場です。 HELMUT LANGはデザイナーズジーンズの草分け的なブランドであり、 一世を風靡したので穿いていた人も多いのではないでしょうか? 私が持っていたラングのジーンズは色落ちがイマイチだったなぁと当時を思い出しましたが (シルエット重視だからこんなものだと無理やり納得していました 笑)、 このジーンズはデザイナーズモノとは思えない味わい深い色落ちで素敵ですね。 倉石ノミさん投稿ありがとうございました。

続きを読む
posted by dale at 22:42 | Comment(56) | TrackBack(0) | 隣のデニムは青い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする