この10年でどう変わったのか?脱オタクファッションガイドがバイブルになって帰ってきた

もうミスらない 脱オタクファッションバイブル
       カバーは『ゆるゆり』のなもり氏

 名著?それとも迷著?かの有名な『脱オタクファッションガイド』が 『脱オタクファッションバイブル』になって帰ってきました。

 2009年の『脱オタクファッションガイド改』は脇が甘い内容修正で辛辣な レビューをすることになりましたが、まさか自ら「バイブル」と称しそのハードルを 上げてくるとは思いませんでした。これで気に病むことなく思う存分叩けますね、やったね!

 というのは冗談ですが、『脱オタクファッションガイド』が刊行されてから 10年という節目である昨年に出しておくべき本だったというのがまず最初に思ったことです。

ちなみにファッション界では数年前からゴージャスで装飾性の高い80年代や、 ストリート色の強い90年代をリバイバルしたスタイルが人気でしたが、 最近ではアイテム数と装飾性を抑えたシンプルでベーシックなスタイルが急速に台頭しつつあります。
「脱オタクファッションバイブルP30」

 今はシンプルでベーシックなトレンドとして消費された「ノームコア」が急速に過ぎ去ろうとしており (装飾性の強いタッキーというトレンドがカウンターとして登場)、 90年代のストリートや80年代のDCブランドブーム復活か?と言われている状況なので逆ですね。 『もうミスらない 脱オタクファッションバイブル』という本書のタイトルではありますが、 自ら率先してミスるという男気を見せております。フラグ回収お疲れ様です。

 このトレンドは結構身近なところまで降りてきており、 脱オタでよく名前が出てくるユニクロですらルメールとのコラボで80年代的なツータックパンツをお洒落着として打ち出していますし、 春先によく見る定番トレンチコートも「テロンチ」とオーバーサイズ気味のビッグシルエットになっています。 ノリは80年代、90年代なんですね(特に80年代が熱い)。

 2014年のノームコア台頭、それがマスにまで広まった2015年なら無難を目指す脱オタク ファッションはぴったりの内容だっただけに実に惜しいと言えるのですが、 これ以上トレンドの話をするとどんどん脱線していくので、 本題である10年前と今の違いについて触れていきたいと思います。

※今のトレンド(80年代、90年代のノリ)に興味のある方は今発売されている 『BRUTUS NO.820』に目を通してみてください

続きを読む

古着の価値とは何かを考えさせられた『ワンコイン古着』

ワンコイン古着



 古着が好きです。古臭い雰囲気が好きです。変なディテールを備えた珍品が好きです。 安くてベーシックなアイテムがあるところも好きです。 予約の取れなかったレストランと古着の入荷日がかぶったらどうするか問われたら、 それはレストランに行きますよ。なので常々オープンは12時や13時ではなく15時、 もしくは10時にして欲しいと思っておりますが、それでも古着が好きです。

 で、いち古着好きとして本書『ワンコイン古着 』を読むわけです。白黒写真で紹介されているアイテムは、 シャルベのシャツから、平沢唯(けいおん)Tシャツ、Kolorのパンツ、 ドミニクフランスのネクタイ100円(驚)、ファミリーマートの制服まで 実に幅広いラインナップなのですが、思ったより共感できない。 期待していたのと少し違う。これは古着屋にも種類があり、著者の好きな古着屋と私のイメージする古着屋では その性質が異なるからです。見ている点も違うのでしょう。

続きを読む

男のお洒落指南4大宗教から読み解くメンズファッションバイヤーMB氏の特異性

MB本.jpg
巷で話題のMB氏の書籍、MBチルドレンの教典

 皆さんMBチルドレンを知っていますか? マシンガンをブッ放しているチルドレンではないですよ。MRではなくMBチルドレンです。

 MBチルドレンとはメンズファッションバイヤーMB氏のフォロワーのことで、 ツイッターで検索すれば「MBチルドレン」というクラスターをすぐに見つけることができます。

 ファッション界では、ブランド(デザイナー)とそのファンを教祖と信者の関係に 例えることがよくあり、過去には、ギャルソナー、ヨウザー、ディオラー、シャネラー、 オラオラー、ナイナー、エンジェラー、ダダラー、ムダムダー、ハレラー、 ユニクラー、しまらー、ドラララーなどいろいろとありました。 いくつか聞いたことがありませんか?念のため申し上げておくとここ突っ込むところですからね?(笑) 紛い物を探してみてください。

 さて、この「MBチルドレン」の新しい点は教祖がデザイナーではなくファッションバイヤーであり、MB氏が支持されているのはセンスではなくお洒落論(ハウツー)の方なのです。ここがまずファッション界では異端です。

 MB氏はメンズファッションバイヤー&ブロガーを自称しており、 ブログ「現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法 KnowerMag」、 有料メルマガ「【最も早くオシャレになる方法】現役メンズ バイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」、 Web「日刊SPA!」の連載などで主にユニクロの活用術を発信し活躍されております。 メルマガについては登録数が5,000人を突破したのだとか。

 さらに昨年はお洒落指南に関する書籍を3冊出し現在飛ぶ鳥を落とす勢い。 私はこの10年間に出されたお洒落指南本のほぼ全てに目を通しておりますが、 男のお洒落指南本を年に3冊も出した人は記憶になく偉業と言えます(2冊まではいます)。

ついにユニクロ公式ツイッターで紹介されるMB氏

 今回はそんなMB氏のお洒落指南について。MB氏のお洒落指南は今までのお洒落指南、 便宜上、メンズお洒落指南4大宗教にしてみましたが、 それらと何が違うのか。順に見ていきましょう。

続きを読む

クリエイター120名からセンスを学ぶ本『Good Sense』


Good Sense (e-MOOK)

 突然ですが、皆さんのお洒落の定義ってなんですか? 「そんなめんどくさいことを考えている人にお洒落な人はいない」 という声が聞こえてきそうです(笑)

 私は「服が持つ文脈やその人が属する環境、それらと個々のパーソナリティのすり合わせ」だと考えています。 お洒落のルールや定番アイテムをどれだけ知っているかではなく、 その情報を踏まえた上でどう細部のバランスを調整していくのか、 そこにセンスの差が出ると思うのですね。

 今回取り上げる『GOOD SENSE』はクリエイターたちに「センス」を語ってもらい、 その内容から共通項を探っていくという形式。 お洒落のルールではなくお洒落との付き合い方を学ぶお洒落指南本です。

 本書には100人以上ものクリエイターが登場するのですが、 その中から私の心に響いた言葉をいくつか紹介したいと思います。

続きを読む

『できる人はなぜ白シャツを選ぶのか?』を読んでの疑問点

できる人はなぜ「白シャツ」を選ぶのか (PHPビジネス新書)できる人はなぜ「白シャツ」を選ぶのか (PHPビジネス新書)
唐澤理恵

PHP研究所 2013-12-19
売り上げランキング : 7627

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 今回取り上げるファッション書籍は『できる人はなぜ白シャツを選ぶのか』。 新書からファッション関係の本が出るのは久しぶりで、著者は首相をはじめ政治家や財界人、 企業役員から就活生、婚活中の社会人まで、3,000人の見た目をサポートしてきたという唐澤理恵氏。 要はイメージコンサルタントのお洒落指南本です。

 内容はビジネス寄りで、スーツ編、顔編、ボディ編、色編、番外編の全5章。 他のイメージコンサルタントのファッション本同様、薀蓄、顧客の話、 自己啓発の3点からお洒落指南をしています。若干薀蓄成分が多め。

 さて。皆さんも気になったと思うのがタイトルの『できる人はなぜ白シャツを選ぶのか』。 その理由が知りたくて私も本書を手に取りました。市場に出回っているのはほとんど白シャツじゃないの? サックスブルーのシャツはどうなの?できる人が白シャツを着用しているという統計でもあるの? 非常に気になるお題ですよね。では前フリはこれくらいにして、 さっそく白シャツに言及している1章の「6.白シャツを極めよ」を見ていきたいと思います。

続きを読む