POPEYE40周年記念ドキュメンタリー番組が放送

雑誌「POPEYE」40周年記念号の制作過程に密着したドキュメンタリー番組が6月放送 | Fashionsnap.com

雑誌「ポパイ(POPEYE)」40周年記念号の制作過程に密着したドキュメンタリー番組「2016年のシティボーイ -POPEYE創刊40年」が、WOWOWプライムで6月17日23時から放送される。創刊号と同じく「アメリカの西海岸」を特集する40周年記念号は6月に発売が予定されている。「2016年のシティボーイ -POPEYE創刊40年」では、40周年記念号の編集作業から店頭に並ぶまでの期間、木下考浩編集長や編集者に密着。木下編集長へのインタビューのほか、創刊当時のスタッフも出演し、「ポパイ」の雑誌作りの鍵を探っていく。




 これはwowow加入しようか悩むドキュメンタリー番組ですね。


白ソックス効果?スポサン×ソックスが20年ぶりにリバイバル

OCEANS (オーシャンズ) 2014年 09月号 [雑誌]OCEANS (オーシャンズ) 2014年 09月号 [雑誌]

インターナショナル・ラグジュアリー・メディア 2014-07-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 年始に白ソックスはアリか?ナシか?論争をやっていたのが嘘のように 白ソックスが流行っております。その人気は夏でもとどまることを知らず、 スポーツサンダル×ソックスというスタイルがトレンドに浮上。

続きを読む

鍛えれば話題のモテ筋とは?Gainer7月号

Gainer (ゲイナー) 2014年 07月号 [雑誌]Gainer (ゲイナー) 2014年 07月号 [雑誌]

光文社 2014-06-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ノームコア(究極の普通)が流行るかどうかは置いておき。 シンプルでベーシックな服が流行っているのは皆さんもご存知の通り。 今ファッション誌を開けば無地Tの特集が組まれており、 白Tにジーンズというシンプルなスタイルが提案されております。

 そうなってくると、今度は体型が勝負になってくるわけで、 本屋に行けば、『Karada LEON』、『自分の体型を武器にする 大人のスタイルブック』、 『GOETHE-美しい男ULTIMATE』と体型に関する本が並べられています。 いよいよ男性も真剣に体と向き合う時代がきたのでしょう。 向き合いすぎて、アンディ、フランクと筋肉に名前を付ける ような人も増えるのかもしれま(ねーよ)。


 さて、ちょうどGainer7月号にも「夏はカラダで勝負する」と 特集が組まれており、女性の熱い視線を集めるにはどこを鍛えれば良いのか、 またそれをファッションに生かすにはどうすれば良いのか、 モテ指南をしております。実にGainerらしい視点です。

 二の腕、厚い胸板、逆三角形の背中、がっしりとした首、 キュッとしまった足首など、この手の特集としてはどれも定番なのですが、 1つ新しい点がありました。それが「エロ筋」です。

続きを読む

【言葉】ファッション誌で「DQN」が「ダサイ」という意味で使われている件

street Jack (ストリートジャック) 2014年 02月号 [雑誌]
street Jack (ストリートジャック) 2014年 02月号 [雑誌]
ベストセラーズ 2013-12-27
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 「街にキタ―――(゚∀゚)―――― !!隠れ主役は白ですから!」これは2005年JJ3月号の表紙のコピー。 この頃からネットスラングがファッション誌に登場しており、 今では当たり前のように誌面に出てくるようになりましたが、 street Jack2月号で「DQN」が「ダサい」という意味で使われており驚きました。

続きを読む

勝手にメンズファッション誌オブザイヤー2013

勝手にメンズファッション誌オブザイヤー2013.jpg

 2013年の大晦日。今日は一年の締めということで、 毎年恒例の「勝手にメンズファッション誌オブザイヤー」をお届けしたいと思います。 今年で5年目のこの企画。ありていに言えば、よくある「○○オブザイヤー」のパクリです。 内容としては、毎月、ほぼ全てのメンズファッション誌に目を通す、わたくしdaleが独断と 偏見で面白かった号を10冊ピックアップして紹介するというもの。 当然、私の好みが色濃く反映されておりますが、 可能な限り平等な目線で選んだつもりなのでご容赦を。 なお、女性誌は追い切れていないので、 毎年ながらメンズしかやりませんのであしからず。

 5月のWWDの雑誌特集「ファッション業界人が選ぶ!メンズ誌ランキング」では、 POPEYE、UOMO、SAFARIが好調な雑誌トップ3という結果。POPEYEの好調でPOPEYE的な誌面が多く見られるようになり、 思い返せば、ニットの肩掛け、NB、キャップ、スウェットなどの人気も「シティーボーイ」を起点に 広がっていったような気がします。そんなPOPEYE人気の1年でしたが、 私が選ぶ今年の10冊はこちらです。

続きを読む