2014年02月03日

女性誌で困り顔ブームが拡大中?

CUTiE (キューティ) 2014年 02月号 [雑誌]CUTiE (キューティ) 2014年 02月号 [雑誌]

宝島社 2014-01-11
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ネコ目、バンビ目、アルパカEYE、てへぺろ、アヒル口、カッパ口、 ちゅん顔、うさちゃん顔、困り顔などなど。女性誌の顔芸は多彩です。

 この中で昨年流行語大賞の候補にもノミネートされたのが「困り顔メイク」。 例えば昨年のCanCam2月号で「ぱるるの困り顔メーク」と取り上げられているのですが、 ブームが終わっていないのか、今年のCUTiE2月号でも「今、可愛いのはこまり顔」と 特集が組まれているのです。

続きを読む
posted by dale at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性誌ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年01月27日

nonnoで僧職男子特集「イマドキ仏男子を攻略せよ」

non・no(ノンノ) 2014年 03月号 [雑誌]non・no(ノンノ) 2014年 03月号 [雑誌]

集英社 2014-01-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 あとひと月も経たないうちにバレンタインですね。 nonno3月号ではバレンタイン応援企画として「イマドキ仏男子を攻略せよ」と 僧職男子特集が組まれています。仏男子と書いて「ブツダンシ」。 それがやりたかっただけじゃないの?と突っ込みたくなる出オチです。

 で、イマドキの男性を分析するのは、「草食男子」の名付け親である深澤真紀さんと 4コマ漫画『アラサーちゃん』が大ヒットしている峰なゆかさん。 現在この手の恋愛特集では最強のタッグと言っても差し支えはないでしょう。 峰なゆかさんは本当にファッション誌の恋愛ネタによく出てくるように なりましたよね。

続きを読む
posted by dale at 21:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 女性誌ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年12月30日

Popteenの「ギャル清楚化宣言」で他誌はどう変わったのか

今年ファッション業界をにぎわせた流行語は?.jpg
詳細はリンク先でどうぞ

 先日、皆さんにご協力いただいた「今年ファッション業界をにぎわせた流行語は?」の結果がこちら。 おそらくアンケートの直前にマシュマロ女子が話題になった影響から「ぽっちゃり系女子」が 最多の116票を集めたのだと思いますが、個人的に今年一番気になったトピックは「ギャルの清楚化」です。

 ギャルの清楚化はCanCamが2012年3月号「ギャルはどこへ消えた!?」でいち早く取り上げており、 ギャルのキレイめへの関心が急上昇している点、メイクの盛りが減っている点を指摘しています。 今のギャルが目指すのはCan流なのでは!?と斜め上の方向に話を持っていくのが実にCanCamらしいのですが、 ぷに子ブームを仕掛けたり(ぽっちゃり系)、オタク系のモデルとして山本美月さんを売り出したり(オタク文化)、 男性の専属モデルを起用したり(ジェンダーレス)、最近のCanCamはカワイイのゴリ押しだけではなく 時代の空気が読めているなと感じ復権を予感させます。

 話を戻し、ギャルの清楚化なのですが、これを決定付けたのが Popteen10月号の「清楚な女のコ」宣言でしょう。全体の雰囲気は上品で清楚、黒肌ではなく美肌のナチュラルメイク、ヘアスタイルは黒髪ロング、 そしてナチュラル系ブランドで天然美少女を狙う。これを読んだときは正直ぶったまげました。 派手な髪型・メイク・ファッションで強さをアピールする(どこまで派手にできるかのチキンレースをしている)という ギャルの在り方が変わってしまったのかと。ギャルがお洒落の参考にする モデルもギャル色が強いくみっきーが2位に転落し、 大人可愛いみずきてぃこと西川瑞希さんが1位です(男性ウケが良さそうなモデル)。


 このNo.1ギャル雑誌Popteenの「清楚化宣言」を受け他のギャル雑誌がどのような影響を受けたのか。 それをレポートするのが今回の内容です。

 ギャル雑誌はHappie Nuts、小悪魔ageha、ViVi、BLENDA、Jellyなどもあるのですが、 やはり下記の4誌が代表的なものでしょう。

Popteen「Cawaii!!が休刊したようね」

egg「フフフ…彼女はギャル四天王の中でも最弱…」

Ranzuki「可愛い・モテと男に媚びるなんてギャルの面汚しだわ」

Scawaii!!「フフフッ、どうやら私の出番のようね」

一同「生きていたの!?Cawaii!!」

Scawaii!!「帰ってきたウルトラマンと同じで私は別人よ」

Popteen「そう。でも残念ながらオネギャルはお呼びじゃないの (おなじオネギャルでもPopSisterの方は休刊してしまったのに・・・)」

と茶番はこれくらいにして、Popteen(1980年創刊)、egg(1995年創刊)、 Cawaii!!(1996年創刊)、Ranzuki(2000年創刊)、この4誌が四天王(年代的に見て)ですかね。 この中で一番「ふつう」だったのがCawaii!!なのですが、 パンチ力が足りずギャルに支持されなかったのか2009年に休刊しました。 でもまさかその4年後に残りの3誌もCawaii!!化するとは・・・。

 前述の通りPopteenは「清楚化宣言」、Cawaii!!はすでに休刊しているので、 eggとRanzukiはどうなったのか。年末ということで、本棚の整理ついでに 過去3年分を読み比べてみました。さすがに72冊読むのは骨が折れるので12月号だけの計6冊でご容赦を。

続きを読む
posted by dale at 21:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | 女性誌ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする