流行は漫画のファッションにも現れるのか?「シティーハンター」の場合

ベジータ ラフシモンズ.jpg
時代を先取りしていたベジータ。お前がナンバー1だ

 昨年ベジータとジルサンダーの2011S/Sの酷似っぷりが突然話題になりましたが、 ファッションのトレンドがどれだけ漫画のファッションにも影響を与えているのか。 それを検証しているのは少ないなと、正月にシティーハンターを読み返しふと思いました。

 というのも、タンクトップにニットの肩掛けという斬新なファッションをしている 冴羽りょうが目に留まったから。漫画の登場人物もトレンドの影響を受けるのですが、 2chあたりで「冴羽りょうがプロデューサー巻きをタンクトップでやっている件について」みたいなスレが立ち、 漫画キャラのニットの肩掛け画像一覧のまとめが出てきても良さそうなものです。 それくらい昨年はニットの肩掛けと80年代ファッションが老若男女問わず流行りました。

 シティーハンターは1985年から91年までの作品で80年代後半が舞台です。 肩掛けは80年代のトレンドなので作中に出てくるのは何ら不思議ではありません。 ここで今回のネタを思いついたのです。

 パラレルワールドという位置付けですが、シティーハンターには続編の エンジェルハート(2001~連載中)があります。どちらも現代劇なので、 そのファッションを比べるとトレンドが浮き彫りになり面白いのではないかと。

 作中に出てくるトレンドやアイテムを一つ一つ挙げていくのは骨が折れるので、 主人公である冴羽りょうにフォーカスし、そのファッションの変化を見ていこうというのが今回の内容。 バブルファッション再来と言われている今だからこそやる価値がある(と思いたい 笑)。 トレンドウォッチブログ番外編です。

 本当は冬休み特別企画としてもう少し早くアップする予定だったのですが、 それだけ丈が長くなったということです(汗)Part1「冴羽りょうのファッションの基本」、 Part2「エンジェルハートと比べてみる」、 Part3「コートやブルゾンスタイルもある」の3本立てでお送りします。 ジャンプ黄金世代のおっさんホイホイネタですので興味のない方はスルーの方向でお願いします。

続きを読む

あけましておめでとうございます



 皆さまあけましておめでとうございます。 新年一発目のネタとしてまずは恒例の福袋情報からどうぞ。

・2014メンズ福袋欝袋画像掲示板@2ch
http://bbs.mottoki.com/index?bbs=fukubukuro2014mens&page=1

・2014年当たりだった!?福袋の中身!ネタバレ画像まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2138855601195955901

・【2014】無印良品福袋・福缶の中身&感想【ネタバレ】
http://matome.naver.jp/odai/2138784922235345301

 画像はNAKATA HANGERの「2014ハンガー福袋」。毎年紹介していますけど、 メンズはすでにS、A、B、Cコースまで完売。Dコースのみ残っております。 こちらの完売も時間の問題なのでお早めに。

 それでは皆様今年もよろしくお願いします。

山ガールは京にあり!明智越から愛宕山へ

愛宕山3.jpg
愛宕山は紅葉真っ盛り

 紅葉のシーズンと言えば嵐山。嵐山と言えば渡月橋から望む愛宕山。 東の比叡山、西の愛宕山と言われる程度にメジャーな山なので、 時期的に関西の山ガールが京都西山界隈をトレッキングしているに違いありません。 今なら紅葉と山ガールを一度に楽しめるチャンスです。ならば出向くしかないでしょう。 気温も下がりそろそろスズメバチもいなくなる頃合いです。

 ルートは嵐山からの愛宕山ピストンではなく、亀岡の明智越えスタート神明峠経由愛宕山ルートを選択。はたして今回は何人の山ガールに出会えるのか。いつも通りカウントしてまいりました。

続きを読む

組み合わせは1,000通り以上、日本初のパターンオーダーTシャツ「atelier comopti」

atelier comopti.jpg

 スーツ、鞄、靴、アクセサリー、ジーンズなど何でもカスタマイズ・パターンオーダーの時代。 特にここ数年はオーダースーツの売れ行きが好調のようですが、 ついにTシャツのパターンオーダーまで登場しました。 それが今回紹介するatelier comopti(アトリエコモプティ)です。

 私は「 試しておきたい男の定番無地Tシャツ5選+α」というの以前書いている 程度にはこだわりがあるので、さっそくオーダーしてみました。

続きを読む

遠かった能登半島

九十九湾.jpg
九十九湾は大小の入り江からなるリアス式海岸で日本百景の一つ

 能登有料道路が「ふるさと紀行「のと里山海道」」になって完全無料化。 能登への観光が便利になったので能登半島にいってきました。

続きを読む