FASHION MANU FACTURE 004「古橋織布の素材開発と海外販路開拓」

 Fashion Studiesからプレスリリースが届きましたのでそのまま載せておきますね。


講師 : 西井佳織理 濵田美希 (古橋織布有限会社)

第4回目は、江戸時代から綿織物の産地として知られる遠州地方から、海外でも高い評価を得ている古橋織布有限会社の若い世代の西井佳織理さん、濵田美希さんをお招きします。

古橋織布さんは、昔ながらのシャトル織機を使った独自製法にこだわりを持たれています。同社の「遠州ツイード」や「細番手コードレーン」、「バンブーリネン」は、従来の織物より5~10%糸密度を高くして低速のシャトル機で織りあげており、綿やウール等の素材の持ち味を生かした“ 風合い” が特長です。

国内市場が縮小する中、古橋織布さんも海外への販路拡大をはかっていて、平成20年から海外の展示会に出展されています。最近では海外から直接、注文が入るなど、「FURUHASHI」ブランドは国内外で高い評価を得るようになっています。また、国内外のデザイナーと協働でテキスタイルの素材開発もされています。

今回は、テキスタイルの開発や、デザイナーとの協働の取り組み、また、どのように海外との取引を増やせたのか(西井さんが海外営業を担当。)、さらに西井さん、濵田さんら産地の若い世代が取り組んでいることや、これからの夢などをお話していただきます。

商品開発に携る方はもちろん、海外へ販路を広げようとされている方、またデザイナーで織屋さんと協働でテキスタイルを開発されたい方には必見の講座です。

皆さまのお越しをお待ちしております。


詳細

日時
2016年7月16日(土)14時00分~15時30分

会費
一般 前売3,000円(Peatixにて) 当日3,500円
学生 前売1,500円(Peatixにて) 当日2,000円

会場
ものづくり館 by YKK
〒101-0024 東京都千代田区神田和泉町1-1 YKK和泉ビル 
JR 秋葉原駅(昭和通り口)より徒歩3分
TEL:03-3864-2110 http://monozukuri.ykkfastening.com/

お申し込み先
contact@fashionstudies.org
「FASHION MANU FACTURE 004」への参加の旨とお名前、ご連絡先(メールアドレス)、ご所属を明記してお申し込みお願いします。質問がありましたらあわせてお送りくださいませ。

※前売はPeatixにて承っております。前売で申し込まれますと払い戻しはできませんので、ご了承くださいませ。また申込メールもあわせてお願い致します。

前売のお申し込みはこちらから http://ptix.co/291UIhZ


モンクレールがオフホワイトとコラボ「モンクレール O」

モンクレール次のコラボ相手はオフホワイト 新カプセルコレクション「O」発表 | Fashionsnap.com

「モンクレール(MONCLER)」が、「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」とコラボレーションすることを発表した。2016年秋冬のカプセルコレクション「モンクレール O」として10月から販売が予定されている。<中略>「モンクレール O」のインスピレーション源は北洋のフィッシャーマンで、フード付きのロングジャケットやダウン、ライフジャケットから着想したベスト、クラシカルなセイラージャケットを再解釈したアノラックなどが登場する。素材の多くはゴム引き加工が施され、北の荒れた空を想起させるプリントや、ヴァージルを象徴する斜めのストライプ柄を使用。ストリートウエアとテクニカルな要素をミックスし、異なるジャンルと素材を融合させた独創的なスタイルを提案する。

 モンクレールがコラボ相手に選ぶほどラグジュアリーストリートが旬ということなのでしょうね。ルックはリンク先でどうぞ。


パトリックからスポサン「ジャックマン」登場

パトリックから初のサンダル「ジャックマン」登場、トリコロールとブラックの2色展開 | Fashionsnap.com

フランス発シューズブランド「パトリック(PATRICK)」から、初のサンダルモデル「ジャックマン(JACKMAN)」が登場した。6月末から全国のパトリック正規取扱店で販売される。「ジャックマン」は、トリコロールとブラックの2色を展開。ミッドソールにEVA素材、アウトソールにビブラム社製のソールを採用し、高いクッション性を実現した。サイズはS、M、L、LLをそろえ、価格は税別12,000円。

 Teva、SUICOKE、Chaco、SHAKAがおそらくセレクトショップによく置いてある定番ブランドだと思いますが、人と被りたくない方はパトリックという選択肢も良いかもしれませんね。他にもsazzi、TRIOP、Orphicとかもありますけども。私はつま先がないと安心できないタイプなのでKEENです。



ステュディオスが「トウキョウベース」に社名変更

ステュディオスが「トウキョウベース」に社名変更、新事業拡大へ | Fashionsnap.com

ステュディオス(STUDIOUS)が、6月1日から社名を「株式会社TOKYO BASE(TOKYO BASE CO.,Ltd.)」に変更する。同社は社名の変更理由について、現在の社名を冠したセレクトショップ「ステュディオス(STUDIOUS)」だけではなく、昨年3月に立ち上げた新ブランド「ユナイテッド トウキョウ(UNITED TOKYO)」を含む新業態を拡大していくためだという。

 ポイント⇒アダストリア、クロスカンパニー⇒ストライプインターナショナル、と00年代後半あたりから台頭してきたところが次々と社名を変えていますね。


ノンネイティブ×ラコステ

ノンネイティブ×ラコステ"襟のない”ポロシャツが誕生 - 両ブランドの名前入りタグ付き | ニュース -ファッションプレス

ベースとなったのは、1933年に発売され、世界的にロングセラーとなったポロシャツ「L1212」。ラコステを象徴するこの名作をカラーレスにアレンジした。レギュラーモデルよりも着丈を1.5cm長く、身幅を1サイズ分広めに設定し、ゆとりのあるシルエットに。ただ襟を排しただけではなく、ネック位置もやや深めに修正を加えている。

 Beamsにもラコステの鹿の子素材ポケットTシャツが販売されておりますが、襟がないと言うだけでも結構新鮮なので購買欲がそそられますね。画像はリンク先でどうぞ。