2016年11月16日

Think of Fashion 041 オーラルヒストリー #01  潟Rルクルーム 安達市三 「既製服時代の幕開け」

 Fashion Studiesからプレスリリースが届きましたのでそのまま掲載しておきますね。


歴史とはその時々の未知なるものへの挑戦の蓄積です。
なぜ、歴史を学ぶのか。過去の知見を知ることで、未来への示唆を得ることができるからです。

Think of Fashion では、研究者、キュレーターの方々を講師にむかえ、人々の装いについての文化や歴史、社会現象などを学んできました。

この度、もう一つの柱として、オーラルヒストリーと題し、ファッションの歴史を築き上げてきた当事者たちのお話を伺う機会を設けることにしました。

その1回目として、ファッションビジネスの企画情報室の先駆けである?コルクルームの安達市三氏をお招きし、ファッション業界が注文服から既製服中心の産業へと移行していった時代における取り組みについてお話していただきます。

安達氏は1963年から三菱レイヨン鰍フ商品企画室に在籍し、既製服市場の調査・分析にいち早く関わってきました。また、1964年には、日本で初めてとなる既成服用人台の制作に携わります。その後、独立し、企画情報室潟Rルクルームを立ち上げました。

日本の既製服時代の幕開けに実際に関わってきた安達氏。その時々の未知なるものに対して、どのように向き合い、対応していったのか。そのことを知ることが、未来へのヒントになるはずです。

皆さまのお越しをお待ちしております。


安達市三
(桑澤デザイン研究所、早稲田大学卒業)
1959 年、三宅一生氏と共に服飾青年協会を立ち上げる。メンバーは高田賢三、コシノジュンコ、松田光弘、金子功、河村重など。
1962 年、ファッションデザイナー安東武男氏に師事。
1963 年、三菱レイヨン鞄社。1964年日本で初めての既成服用人台(トルソー)の制作に携わる。
1972年、鞄本計画技術集団(ジュピオ)入社、ファッション開発研究所所長。
1973年潟<Eイ(「ブティック・メウイ」代表取締役)、喫茶店「かんてら」、ギャラリー「表参道」などの設立に参加。
1977 年、株式会社コルクルーム設立(代表取締役)。
元ジャパンクリエーション・トレンド委員会 委員長。
この間、大学や専門学校で教鞭を取る。教育、セミナー、勉強会などを通して半世紀以上日本のファッション業界に貢献。


詳細

日時 2016年11月26日(土)19時〜20時30分

会費 
一般 前売3,000円(Peatixにて) 当日3,500円 
学生 前売1,500円(Peatixにて) 当日2,000円 

会場
服も作れるコワーキングスペース「coromoza fashion laboratory」
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-33-14 神宮ハイツ408
東京メトロ 明治神宮前駅7番出口より徒歩1分 エコファームカフェ632の隣のビル
電話番号:03-6450-5560 URL: http://za.coromo.jp/


お申し込み先
contact@fashionstudies.org
「Think of Fashion 041」への参加の旨とお名前、ご連絡先(メールアドレス)、ご所属を明記してお申し込みお願いします。

※前売はPeatixにて承っております。前売で申し込まれますと払い戻しはできませんのでご了承くださいませ。また申込メールもあわせてお願い致します。

前売はこちら
http://peatix.com/event/214115


posted by dale at 23:36 | Comment(0) | ファッション通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: