2013年12月13日

隣のデニムは青い Vol.38

 「若者のジーンズ離れ」と言われている今だからこそジーンズの魅力を 語ろうという企画「隣のデニムは青い」。第38回目の投稿はwyさんから。 Attachmentのバナナカーブデニムの登場です。ストレート、フレア、スキニー、 キャロット、シューカットなどの投稿はありましたがバナナシルエットは初ですね。 外側に湾曲したシルエット(バナナカーブ)が色落ちにどのような影響を与えるのか。 じっくりご覧くださいませ。wyさん投稿ありがとうございました。


attachment_front.jpg

attachment_back.jpg

 ドメブラAttachmentの定番ワンウォッシュバナナカーブデニム5年ものです。 この時期だけ極太の0番糸で縫われていて良いアクセントになっています。 かなり細身で、裾をためて穿くと裾から側面にかけて綺麗なドレープが出ます。

 ヒゲやハチノス、裾周辺の感じ、色味などバランスがよくて気に入っています。 Attachmentのパンツの尻ポケットにはDiorと似た定番のダーツが入っていて、 うまい具合に擦れて味が出ています。洗濯は裏返して適当な時期にやっていました。 同時期に色違いでブラックも買ったのですが、そちらもうまく育ちました。 ドメブラデニムはシルエットだけじゃなくて色落ちも侮れません。

 このデニムは今はほぼ隠居生活で、半年ほど前からSOMETを育て始めました。 こちらも順調に育っているので企画が続いていればお見せしたいと思います。

【企画】隣のデニムは青い

 「隣のデニムは青い」と見た人が嫉妬するような、そんなジーンズをElasticに投稿してみませんか? その色落ちについて思う存分語ってみませんか? 画像は大きめで、 このブログに収まる範囲、400×300以上でお願いします。 あまりに大きいとこちらで縮小します。テキストはそのジーンズの好きなポイント、 洗濯の方針、穿いているときに気をつけていること等を語っていただければOK。 画像とテキストはメールで「rejectionrole5686@mail.goo.ne.jp」までお送りくださいませ。 加工には加工にしか出せない色落ちが。自分で育てたデニムには何とも 言えない愛着とアジが刻まれますよね。加工の色落ち。自然な色落ち。 いろんなジーンズの投稿をお待ちしております。まだまだ募集中なのでお気軽に。



posted by dale at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 隣のデニムは青い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック